解決事例

妻からの慰謝料請求により、交際解消が実現できた事例

事案の概要

部署は異なりますが、3年以上にわたり社内不倫を続けていました。
その間、男性からは幾度も交際解消を切り出したものの、その都度、「奥さんに言う」などと脅され、ついには、女性が男性の自宅にまで来てしまい、妻に不倫の事実が発覚してしまいました。ただ、妻に不倫が発覚した後も、女性からは、執拗に男性に連絡があり、今度は会社に言うとの発言が出るようになりました。
そのため、とにかく、穏便に関係の解消をしたいとして、ご夫婦でご相談にいらっしゃいました。

結論

まずは、弁護士より女性に対し、不倫であることから直ちに関係を解消すべきこと、会社に告げるといって関係継続を迫ることは、強要罪になり得ることを伝え、今後一切接触しないよう、内容証明郵便にて要請しました。また、同時に妻からの依頼も受けて不倫による慰謝料の請求も行いました。
これにより、まずは女性からの連絡はなくなりました。また、慰謝料の請求も行ったためか、女性にも弁護士が就きました。
その結果、弁護士同士の話し合いにより、妻からの女性に対する慰謝料は放棄をすることになったものの、関係解消を解消すること、口外もしないこと、違反した場合にはペナルティを支払うことで、合意書を作成し、無事解決に至りました。
交際解消に際しては、相手にも弁護士が就くことで、冷静な話し合いが可能になり、この事例のように、事実上の関係解消だけではなく、その明確な合意までできる可能性が高くなります。また、配偶者の協力も得て慰謝料の請求まで行うことで、有利に交渉を進め、より確実な関係解消の約束を取り付けることができました。