解決事例

独身だと偽って女性と交際してしまいましたが、相手の女性に真実を知られ、トラブルになった事例

事案の概要

結婚をしていたにもかかわらず、独身と偽って、女性と交際を開始してしまいました。
しかし、あるとき、相手の女性に、実は既婚者であることが知られてしまい、勤務先や家族に告げると言われ、また、相手の女性から、メールや電話での連絡が止まらない状態となり、ご自身では解決できないと考え、弁護士に相談することとなりました。

結論

既婚者であるにもかかわらず、独身であると嘘を述べて女性と交際した場合、道義的責任はもちろんですが、慰謝料を支払う法的責任が発生します。
その金額は、相手の女性が妊娠した場合は、慰謝料は100万円を超えることもあります。
今回、まずは相手の女性に対しては、弁護士が代理人として連絡の窓口となることを伝え、依頼者本人に直接の連絡を取らないように求めました。
相手の女性は、当初は弁護士を無視し、依頼者の方に連絡を取り続けましたが、依頼者本人から連絡は返さず、都度、弁護士からの連絡を続けた結果、直接の連絡は止まりました。
そして、依頼者の非を認め、丁寧に謝罪をしたうえで、今回の紛争の解決として、依頼者からの慰謝料の支払いを提案し、最終的には、今後一切連絡を取らないという合意をすることができました。